脇差

「伝統工芸 刀剣の魅力 桔梗隼光作品展」に出品している脇差です。

 

実は、この脇差しは元々2振り制作しました。

もう一振りは焼き入れで刃が割れてしまいました。

この脇差しと同じような変化に富んだ刃紋でした。

今は仕事場に置いて、見学に来られた方に刃紋や、焼き入れの説明用に残しています。

 

失敗した時は落ち込みもしますが、次に失敗しないように焼き入れ方法を考えて、上手くいった思い出深い脇差です。

 

会場の光があまり良くないので、ロビーの照明の反射を利用してご鑑賞ください。

 

下の画像は圓山記念美術館での撮影したものと、僕が自宅で撮影したものです。

 

What's New

関西テレビの番組「キャラぱら」で2月15日11時23分にでます!

IRORIO(イロリオ)にインタビュー記事が掲載されました。!

twiter