刀鍛冶 桔梗隼光の鍛刀場へようこそ!

「今でも日本刀を作っているのですか?」とよく尋ねられます。

 

現代では日本刀は使用されることはありません。

僕も人を傷つける道具を作っているつもりはありません。

日本刀は本来武器ですのでおかしな話です。

 

作り手として言うなら、日本刀には魂が入っているのです。

地鉄づくりから始め、時間をかけてつくります。

そして、焼き入れは一瞬で決まります。

焼きが入ると、刃紋が現れ、地鉄が活性化し、反りが生まれるのです。

 

美しく研磨された日本刀を手にしてみると、味わったことのない不思議な魅力を感じることができます。

姿、刃紋、地鉄、重さ、感触、刃物の緊張感など、数えあげればたくさんあります。

 

千年も昔から日本人が大切してきた理由が解るはずです。

 

現代の刀鍛冶として、心に響く、魅力のある名刀をつくりたいと考えています。

 

 


 

 

 

 

 

桔梗隼光鍛刀場(ききょうはやみつたんとうじょう)

鍛刀場:〒678-0091 兵庫県相生市矢野町瓜生羅漢口28 羅漢の里

連絡先:090-8358-4748

 

 

作品販売中!

What's New

備前刀ー日本刀の王者ーに展示していただいてます。

Photographer  SATOSHI  INOKIUCHI

HPにリンクしました!

IRORIO(イロリオ)にインタビュー記事が掲載されました。!

twiter