日本刀について①

鍛刀場はいつも公開しています。

仕事している時も、休憩している時もいつでも人が入ってこられます。


一般の人とお話するとよくわかりますが、日本刀は認知されていません。

時代劇でみる小道具にすぎないのです。


僕もこの世界に入る前はそうでした。

時代劇や小説、漫画に出てくる知識しかありませんでした。


日本刀について 一般に認知されていないこと はたくさんあります。

少しでも知っていただきたいので、ブログに書いていきます。


まずはよくある質問から


日本刀は誰でも所持できます!

警察に許可はいりません。刀の登録証に記載してある都道府県の教育委   員会に所有者変更届を出すだけです。

ただし、携帯したら捕まります。(ほとんどの刃物は駄目です。)

兵庫県では条例で18歳未満には販売できません。


この質問が一番多いです。猟銃とごっちゃになってます。


今でも刀つくってます!

刀鍛冶の資格を持っている人は300人ぐらいいます。


純粋な刀鍛冶はもっと少ないです。


需要あります!

美術工芸品として、ご注文いただきます。


ちょと悲しくなります。


時代劇のことはしりません

あんなに人斬れるのん?

刃と刃が当たって大丈夫なん?

2~3人斬ったら脂で斬れなくなるんやろ。

溝(樋)から血が流れるようにできてるんやろ。


僕も人斬ったことないので…わかりません。


つづく





コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ヨネ (土曜日, 20 9月 2014 23:39)

    こんばんは~
    朝晩めっきり涼しくなって過ごしやすくなってきましたね
    でも鍛錬してる時はまだまだ熱い方が優りますかね(笑)

    僕も以前お話ししたかまたきみこ先生の
    KATANAってマンガを読んだりして
    ほんのり人より知識を得ましたが
    それ以前はホンマもの知らずでしたねぇ

    それでも2,3くらいは知ってましたけど
    銃刀法って名称が混乱を招きますよね(笑)

  • #2

    隼光 (日曜日, 21 9月 2014 21:50)

    ヨネ様
    こんばんは!
    本当に過ごしやすくなりました!
    火を使っても楽になりました。

    一般の人には馴染みないですから仕方ないです。
    少しでも発信して広まるように頑張ります!

What's New

備前刀ー日本刀の王者ーに展示していただいてます。

Photographer  SATOSHI  INOKIUCHI

HPにリンクしました!

IRORIO(イロリオ)にインタビュー記事が掲載されました。!

twiter