鑢目

刀の茎(なかご)に鑢目(やすりめ)を入れます。

流派や刀匠の好みで入れ方は変わります。

僕は今まで「切」(茎に対して垂直方向に鑢をかける)と「筋違い」(画像のとおり)しか入れたことはありません。

違う入れ方もやってみてもいいかもしれません。

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    ヨネ (土曜日, 12 7月 2014 17:35)

    このヤスリ目は何の目的で入れるものなんですか?
    ナカゴを持った時に滑りにくいように?

    流派や刀匠の好みって事は
    これも銘と共にサインの一種みたいなものなんですかね?

  • #2

    隼光 (土曜日, 12 7月 2014 23:55)

    ヨネ様
    おっしゃるとおり、鑢目は元々滑り止めだと思います。
    戦闘時に柄が壊れた場合、直接茎を持ってもいいように作るって聞いたことがあります。
    だから茎は手持ちの感じがいいように作れと教えられました。
    鑢目の種類はいろいろありまして、サインのようでもあります。
    刀匠によって違いますが、何パターンかあるようです。
    鑑定の時の重要な要因でもあります。

  • #3

    ヨネ (月曜日, 14 7月 2014 19:00)

    なるほど また一つ刀を知る事が出来ました(^^)
    回答有難うございます

What's New

備前刀ー日本刀の王者ーに展示していただいてます。

Photographer  SATOSHI  INOKIUCHI

HPにリンクしました!

IRORIO(イロリオ)にインタビュー記事が掲載されました。!

twiter