日本刀の作り方

現代、鉄の用途は、使い捨てカイロから大きな構造物など生活のありとあらゆるものに使われています。

その鉄の製法のほとんどが溶鉱炉で溶かして、型に流して作られます。

製鋼所などで出来上がった鋼材を加工して製品化していくのです。

 

昔の日本では、鉄が大変貴重でした。

鉄自体はとても有用でしたが、大量生産できなかったのです。

また昔の製法でできた鉄は、そのままでは炭や石の成分、鉄の燃えカスなどが含まれます。

それに、硬さにもバラつきがある為、そのままではつかえません。

使えるようにする為に「鍛錬」をして鋼材にする必要がありました。

昔の鉄製品はみんなこのように作ったのです。(鋳物は違いますが)

 

明治期に効率のいい西洋の製鉄が広まっていきました。

すべての鉄製品が西洋の製鉄で出来た鉄を使っていきました。

しかし、日本刀だけは駄目だったのです。

良いものをつくる為には、日本古来の製鉄で出来た鉄でつくらないといけませんでした。

その為、先人たちはその技術を伝えてきたのです。

 

ここでは日本刀の作り方をご紹介致します。

What's New

備前刀ー日本刀の王者ーに展示していただいてます。

Photographer  SATOSHI  INOKIUCHI

HPにリンクしました!

IRORIO(イロリオ)にインタビュー記事が掲載されました。!

twiter